HOME > 初めての看護学校受験 >看護師ってどんなお仕事?

看護師ってどんなお仕事?

看護師について知る

 

看護師という仕事

看護師という仕事は、病に伏されている患者の病院生活を少しでも過ごしやすくするように務める仕事です。医師や他の医療スタッフと共に、患者の診療を補佐したり、療養されている患者の日常生活の援助を行う仕事です。

患者を助ける医療スタッフの一員として、専門知識と技術に基づいて患者をサポートします。 患者さんの身体と心の両面をサポートし、医療行為をしやすい最適な環境を作りを心がける看護師は、患者と接する時間が最も多いと言えます。 看護師の仕事は、 医療に携わる多くの専門職の中で、最も患者に身近で、最も奥深く、喜びの多い仕事と言われています。

 

看護師として働くには

看護師は、「保健師助産師看護師法」という法律によって、療養中の患者に対する医療行為を行うことを定められています。看護師への道は、看護大学の看護科や、看護専門学校、などで専門的な教育を受け、履修し卒業後に看護師国家試験に合格しなければなりません。 国家試験でいう「看護師」とは、「正看護師」のことを指しますが、別に「准看護師」という職種もあります。 「正看護師」の資格が、国家試験を合格した人に対して、「准看護師」の資格は、都道府県での試験に合格したものを言います。 どちらにしても、看護師の資格を得るには、看護師としての専門的な教育を受けて、国家試験などの試験に合格する必要があります。 

 

看護師の資格の種類

看護師には、以下にあげるような、様々な種類があります。 

看護師 保健婦助産婦看護師法において、「看護師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじよく婦(褥婦(じょくふ)/出産後の女性)に対する療養上の世話、又は診療の補助を行うことを業とする者
准看護師 准看護師(略称・准看)は准看護師学校(准看護師養成所)あるいは看護高等学校卒業後、都道府県知事試験の受験資格が与えられ、知事試験に合格すると都道府県知事から准看護師の免許が交付される。
認定看護師 認定看護師(CN:Certified Nurse)とは、日本看護協会の認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することを認められた者をいい、水準の高い看護実践を通して看護師に対する指導・相談活動を行う者をいう。
専門看護師 専門看護師(英CNS: Certified Nurse Specialist)とは、日本看護協会専門看護師認定試験に合格し、より困難で複雑な健康問題を抱えた人、家族、地域等に対してより質の高い看護を提供するための知識や技術を備えた特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有する看護師のことをいう。

 

看護資格取得について看護師ってどんなお仕事?看護師の仕事内容・待 遇

 

無料資料請求をする
無料資料請求をする

看護学校受験に関する各種お問い合わせ

看護学校受験、コース内容、体験授業、受講相談などお気軽にお問合せください。

通学出来ない方のための通信DVD講座

 

ページの先頭へ