“0から看護師を目指す”

よくあるご質問

看護受験について
お客様
社会人でも合格できますか?
予備校
大丈夫!合格できます。看護学校は、年齢制限がありません。受験の内容は、1次試験(学科)と2次試験(面接)があります。 まずは、学科試験をクリアすることです。そして、その後の面接試験では、なぜ看護師になりたいのかを必ず聞かれます。ですから、今のうちに、なぜ看護師を目指すのかを自分自身に問いかけておくことが大事です。 しっかりとした看護師への動機があれば、受験勉強の辛さもなくなりますし、面接官も納得します。
お客様
看護師か、理学作業療法士か、迷ってます…
予備校
受験の難易度に関しては、看護師の方が難しいです。また、理学作業療法士の方が、教科が少ない分、受験勉強は、しやすいと思います。 難易度で進路を決めるのは大事ですが、仕事に就いた後のことを考えて、なぜその仕事をしたいのかを、一度じっくり考えてみても良いと思います。
お客様
看護師になるには、まず何から始めれば良いですか?
予備校
まずは、なぜ看護を目指すのかという動機を、はっきりさせることが大事です。普段から、周りの人に話してみると、自分の考えが見えてきます。 そして、それがはっきりとしたら、次に受験校の決定、試験科目、学費(卒業するまでにかかる費用等)を調べておくことです。 一人で考え込まずに、予備校や、学校の先生、に相談してみるのも良いでしょう。
お客様
途中入学は可能でしょうか?
予備校
全く問題なく可能です。第一看護では、事情により入学が遅れた方のために万全のサポート体制をとっております。入学前に、個別相談・進路相談・勉強方法聞き取りなどを行い、入学後すぐに授業についていけるシステムをご用意しております。
受講について
お客様
受講する上で、準備すべきものはありますか?
予備校
受講前では、特にありません。各科目のノートをご用意ください。受講決定後、教材テキストや関連プリントをお渡し致します。
 
第一看護予備校TOP 第一看護予備校について よくあるご質問
 
第一看護予備校
札幌市白石区東札幌2条5丁目9-15 第2丸亀ビル
TEL:011-826-4732 FAX:011-826-4733
  
© 1983 Daiichi Kango Yobiko